アニメ「ダイの大冒険」第10話の感想、ヒュンケル登場と、ロモス王について。

前回の第9話の記事はこちらです。

アニメ「ダイの大冒険」第9話「ひとかけらの勇気」の感想と、ポップの顔芸。
前回の第8話の記事はこちらです。 第9話「ひとかけらの勇気」のあらすじ 冒頭から胸熱シーンでした。 ニセ勇者一行のまぞっほは水晶玉を取り出してダイたちの様子をポップに見せる。 こういうところで、さりげなく魔力の高さを見せてく...

 

ラーメン・つけ麺・ぼくヒュンケル!

ヒュンケルのイラスト

今回はイケメン枠のヒュンケルが登場しました。

いつものように、アニメを見た感想をだらだら書いていきたいと思います。

クロコダインを倒したダイ達は、ロモス王から勇者になる様に言われるが、
ダイは少年誌の主人公らしく、みんなのおかげだからまだいいと断る。

ロモス王は新しい装備が入った、ドラゴンクエストらしい宝箱を贈る。

ダイたちは新しい装備を身につけて大衆の前に現れる。
マァムがタイツを脱いで生足になっていた。
コミックでは、たびたびパンチラを見せていたが、新アニメではカットされるだろう。

ブラスじいちゃんは護衛付きで、デルムリン島に戻る。

ダイ達は、ロモス王が貸してくれた船でパプニカに向かう。

ここまでで思ったことは、ロモス王は政治力が高い!ということです。
国も豊かだし、民衆や兵士たちからも慕われているようだし。
軍事の面でもクロコダインの百獣魔団に滅ぼされることもなく、まあまあ防いでいたんじゃないでしょうか。
クロコダインが言っていた様に、すごく強い戦士はいなかった、だけど国が豊だったので、軍事費をじゃぶじゃぶ使い、軍隊をかなり強化していたのかもしれません。
はやり金の力は強い!
ダイ達に貸した船も豪華だし、聖水を豪快に垂れ流しながら航海できるのは、金がある証拠ですね。

その船では、例によってマーマンにビビるポップ!
クロコダイン戦でみせたカッコ良さはもうなくなっていました。
でもビビっていることを隠さずに、素直にビビってガタガタ震えるのがポップの良いところです。

船室で船長がダイ達にワールドマップを見せます。
ワールドマップもドラクエらしいアイテムですね。

その後、鬼岩城に軍団長を集結させる指令を出すハドラー。

北方の国を攻める、フレイザード登場!
一人の騎士が燃やされ、もう一人の騎士が氷漬けにされる。
そして村焼き発言!

やはりドラゴンクエストもそうですが、RPGでは村が焼かれます。
RPGにはお城や街、村がたくさん出てきますが、残念ながら、何個かは焼かれてしまいますね。
とくに村は焼かれやすい。
ロモス王国みたいに国力があり資金もあれば、お金をじゃぶじゃぶ使って防ぐことができますが、村にはそんな余裕が無いですから、焼かれてしまうんですね。

聖水を垂れ流しながら、船はパプニカに到着する。
しかしパプニカは、不死騎団に滅ぼされていた。

そしてヒュンケル登場!

ヒュンケルは不死騎団の軍団長ということがわかり、ダイは攻撃をしかける。
ダイはロモス王にもらった剣で、ヒュンケルの剣とガンガンやりあう。

ヒュンケルの剣は「鎧の魔剣」でありロンベルクが作った伝説の武具だからめっちゃ強力!
そんなヒュンケルの剣とガンガンやりあっても、ダイが持っている剣は刃こぼれしないし、折れたりもしなかった!
コミックでは「はがねのつるぎ」となっていたが、これは普通の「はがねのつるぎ」ではない!
なぜならあの、ロモス王が贈ったものだからだ。
ロモス王の性格から、国を救った英雄であるダイに、しょぼい剣を贈るとは思えない。
超最高級の国宝とも言えるぐらいの「はがねのつるぎ」を贈ったに違いない!
だから相当、金がかかっている剣なのだ、ロンベルクほどではないが、伝説級の名匠に作らせた名刀の一振りに違いない。
だからヒュンケルの魔剣とも互角にやりあえるのだ。

なにが言いたかったかというと、ロモス王は金持ちだということです。



販売中のモンスター素材

モンスター素材をDLsiteで販売しています。
※画像をクリックするとDLsiteに移動します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite
ダイの大冒険
ケイジェイのイラストとゲーム制作
タイトルとURLをコピーしました