最高に面白い、RPGのラストダンジョンとは。

ラストダンジョンは特別な場所

twitterでラストダンジョンやラスボスについての考察を読んだ。
ラストダンジョンは特別な場所だから、みんなそれぞれの思い入れがある。

ラストダンジョンは特別な場所。

そう、特別な場所。

なぜ特別な場所かといえば。
長い冒険のなかで最後に残されたもっとも手強いダンジョンだし、最後にはラスボスがいるから、印象に残る特別な場所です。

例えばドラクエⅢで言えば、ゾーマ城のことはよく覚えている。
途中でオルテガがキングヒドラと戦っていたり、けっきょくオルテガ死んじゃうし。

最後のところなんか、真っ暗な部屋に火が灯って、ゾーマが向かってくる演出は、もう鳥肌ものです。
それから中ボスの連戦が続いて、ゾーマの神曲にしびれる。

これだけ印象的だから、ゾーマ城のことはよく覚えている。
ゾーマ城の構造を絵に描けと言われれば、結構描けると思う。

それに比較して、冒険の途中にあるダンジョンのことはほとんど覚えていない。
ジパングにあるヤマタノオロチのダンジョンの事を覚えているかと言われると、ほとんど覚えていない。
たしかマグマがドロドロしたステージであったのは覚えているけど構造とかは全く覚えていない。

ドラクエⅢは何度も繰り返しやってきているのに。途中のダンジョンのことはあまり覚えていない。

やはりラストダンジョンは特別な場所。

ラストダンジョンは圧倒的に滞在時間が長い

そしてラストダンジョンを特別な場所にするための決定的な要因が、

プレイヤーの滞在時間です!

途中のダンジョンは、一回攻略したら、それっきりであることが多いのに対し、
ラストダンジョンは、ずっとそこにいる事になる。

ラスボスを倒せば、エンディングになるが、

エンディング後も、プレイヤーはラストダンジョンに戻ってくる!

そして、レベルを上げて、またラスボスに挑み、エンディング後また戻ってくる。

レベルがかなり上がったら、今度は勇者一人でラスボスを倒すとか、縛りプレイをはじめる。

もう何周目かわからないが、ずっとラストダンジョンを彷徨っている。

さながらキラークイーンのバイツァ・ダストみたいに、ちょっとだけバリエーションを変えながら、何周もラストダンジョンとエンディングを繰り返すことになる。

このように、圧倒的にラストダンジョンはプレイヤーの滞在時間が長い!

ドラクエⅢの勇者は、エンディング後、アリアハンの家に戻るのではなく、ゾーマ城に戻ってくる。
(または勇者はパーティから外されて、別のキャラがゾーマ城に戻るかもしれないが)

滞在時間が長く、また戻ってしまう場所。
だからラストダンジョンは特別な場所なのだ。

 

ラストダンジョンは「家」だった!?

よく考えると、滞在時間が長く、また戻ってしまう場所って、我々の日常にもある。
それは、

「家」!!

なんということだ!

ラストダンジョンは家だったのか!?

家ってのは、滞在時間が長いから、快適な環境にするのがいい。
寝心地のいいベッドにしたり。
バスルームには自分好みのボディソープやシャンプーが揃っている。
退屈な時すぐゲームができるように、テレビの近くにゲーム機を置いたり。
デスク周りは作業がしやすいように整理整頓されており。
音楽を聴くために、ちょっといいオーディオ機器が置いてあったり。
冷蔵庫には必要な食料が入っている。

これで快適だ、それでいて退屈でもない。
ずっと家で過ごせる。
もう一度、緊急事態宣言になっても全く問題ない。

ラストダンジョンを家と考えた時に、こういった環境整備が必要だ!

最高に面白いラストダンジョンを作るのに必要なこと

プレイヤーが嫌がってラストダンジョンから逃げ出すようでは、いいラストダンジョンとは言えない。
RPGツクールでラストダンジョンを作るなら、快適にすごせる「家」を参考にすればいいと思う。

エンディング後も、また戻ってきてお楽しみいただけるように環境を整えていく!
例えば、ラスボスよりも強い敵を配置しておくとか、そうすると、プレイヤーはラスボスを倒した後、またラストダンジョンに戻ってきて、レベルを上げてその強い敵に挑むだろう。

強いザコ敵ばかりでやる気がなくなるのであれば、弱くても経験値が高い敵だったり、めったに出会えないレアモンスターだったり、貴重なアイテムを落とす敵だったり、そういったバラエティに富んだ敵を配置することで、プレイヤーを楽しませることができると思う。

ラスボスについても、強さを設定できるといいかもしれない。
低レベルでラスボスまで来てしまったプレイヤーの為に、初級・中級・上級・エクストリーム、とラスボスの強さを選ぶことができる親切設計。

そして楽しいギミックを配置して、またラストダンジョンに戻ってそのギミックでずっと遊べるなら最高だ!

さらに、何度でも聞きたいと思うBGM、いわゆる神曲を、ラスボスのBGMにすることで、
プレイヤーは曲を聴くためにまた戻ってきてくれる。

このように、ラストダンジョンを構築する上で必要なことは、プレイヤーが快適に過ごせるようにする、
「お・も・て・な・し」の精神である!!

 

ツクールシリーズの最新作「RPGツクールMZ」


RPGツクールMZ

販売中のモンスター素材

モンスター素材をDLsiteで販売しています。
※画像をクリックするとDLsiteに移動します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ゲーム論
ケイジェイのイラストとゲーム制作
タイトルとURLをコピーしました