キャラ創作、敵が味方になるのは熱い展開だがそれには理由が必要(進捗44)

敵が味方になるのは熱い展開

ドラゴンボールで言えば、ラディッツが来た時に、それまで敵でありライバル関係であったピッコロが悟空と手を組んでラディッツを倒しに行く時とか。
激アツですね!亀仙人もめっちゃ興奮してたし。

ドラえもんで言えば、いつものび太をいじめているジャイアンが、映画になると強力な戦力として味方になる時とか。
映画の時だけはジャイアンを応援したくなる。

ダイの大冒険で言えば、クロコダインとヒュンケルが仲間になる時とか。
敵の軍団長クラスが二人も味方になったら、頼しすぎですよね。
ハドラー的にはショックでしょうけど。

これまで敵だったキャラが、味方になる瞬間は熱い展開でテンションもあがります!

このような熱い展開は、自分の創作物にも取り入れていきたいです。

過去作で敵が味方になった時

以前作った自作RPGでも、敵が味方になる時がありました。
「伝説の剣と女騎士」では、プリンスというキャラが最初は魔王軍の四天王として登場するのですが、倒すと、主人公側のキャラとして仲間にできるようになります。

伝説の剣と女騎士プリンス

だけど、この時はそれほど熱い展開ではなかった。
なぜかというと、ネタだったから。
このゲームは、一応ストーリーはあるのですが、かなりネタ的な要素が強いので。
熱い展開という感じではなく、おもしろポイントの一つだったと思う。

だから敵が味方になるのは熱いけど、それを自分の創作物でやろうとすると、けっこう難しいんだと思う。

かなりキャラをしっかりと作っていって、背景になるストーリーも作り込んでいかないと、薄い感じになってしまい、あまり熱い展開にはならない。

制作中RPGで敵を味方にするためにやったこと

現在、RPGツクールMZでゲームを制作しています。
今回は、敵であった魔王軍四天王のオーク王が、主人公のテレーゼとマーシャの仲間になるイベントを作りました。

敵が味方になったメニュー画面

まさに敵が味方になるイベントです。
ネタではなく熱い展開にしていきたい。
とりあえずやれることはやったので以下に紹介していきます。

イベントの動画、熱いBGMが必要

まずはイベントの一部始終を動画にしましたので、お時間のある方はご覧ください。

この動画での戦闘はイベント戦なのでHP0になっても死なないようになってます。

戦闘中のBGMは、
メタル音楽素材集-壊滅- (C) Murray Atkinson
に収録されている曲を使用しています!

超カッコいいBGMです。
やはり熱い展開には熱いBGMが必要ですね。

メタル音楽素材集-壊滅- | ツクール公式ストア
メタル音楽素材集-壊滅-

最初に戦ってお互いの実力を知っている必要がある

今回のイベントを作る上で、やっておかなければならない事の一つが、かつて戦ったことがあるということです。
制作中RPGは、魔王の城からスタートします。
そこでオーク王は、四天王の一人として、勇者ハロルドパーティと戦います。

RPGツクールMZ、オーク王戦闘画面

この時は勇者パーティが勝ちます。
(勝たないと先に進めない)
ここで戦ったことがあるので、お互い相手の実力を知っていることになります。

ポッと出のキャラで、急に仲間になっても、熱い展開にはならないですよね。
やはりお互いの実力を知っておく必要があり、そのためには戦わせておくのが手っ取り早い。
そもそも、敵と味方だから、戦っていてあたりまえ。

共通の敵が必要

敵が味方になる理由で一番大きな要因は、共通の敵がいるということだと思います。
ドラゴンボールでも、ドラえもんでも、ダイの大冒険でも、共通の敵がいてそれを倒すために、ピッコロも、ジャイアンも、クロコダイン、ヒュンケルも味方になりました。

制作中RPGでは、共通の敵がハロルドと暗黒魔導師になります。
オーク王にとってハロルドは、自分と魔王を倒した宿敵であり。
テレーゼとマーシャは、かつての仲間が悪になりそうなのを止めるために戦っている。
暗黒魔導師は、オーク王はやり方が気に入らないという理由(今のところそんなに強い理由ではない)があり、テレーゼとマーシャにとっては普通に敵です。
そのハロルドと暗黒魔導師が一緒にいるので、オーク王とテレーゼとマーシャの共通の敵になる。

共通の敵が一緒にいる

それぞれの利害が一致することが必要

共通の敵を倒す事が、いちばん大きな利害の一致ですが。
それ以外に、今回は何個か利害が一致するように設定をがんばりました。

まずは直近の課題である、氷の遺跡に行くこと

テレーゼとマーシャは氷の遺跡にいる、天然氷魔神を倒してその氷を手に入れないと呪いが解けない。
オーク王とオークは天然氷魔神の氷を手に入れて、それをかき氷にすれば商売が繁盛しそうだということで、お互いの利害が一致しました。

天然氷魔神に興味があるオーク王

 

・最強の勇者パーティを再結成すること

オーク王は武人気質なので、弱体化した勇者パーティを倒しても名誉とは思えず、最強の勇者パーティを倒すことが武門のほまれだと思っている。
マーシャも最強の勇者パーティを結成したいような事を言っている。
これは本心ではなく、オーク王を乗せるために言った事だが、少なくともハロルドが悪になるのは防ぎたいと思っている。

マーシャの思い

やはりお互いの利害が一致するから、敵も味方になるのです。

戦闘中の会話で盛り上げる

かつて魔王の城で戦ったことがあったので、お互いの実力を知っています。
しかし実際に戦ってみると、必殺技と魔法が使えないので、テレーゼとマーシャは火力が低い。
それをオーク王に非難されてしまう。
逆にオーク王は必死に修行して新必殺技を身につけたという。

必殺技を身につけたオーク王

これによってライバル的な関係を演出しました。
ピッコロが魔貫光殺砲を使えるようになった感じです。
僕的にはこういうシーンは熱いポイントだと思っています!

セリフのおもしろポイント、テレーゼがついにあのセリフを言ってしまう

シリアスだけでなく、おもしろポイントも入れていきたいです。
今回のイベントでのおもしろポイントは二つあります。
一つ目は、例によって名前を間違えられるルキウス。

名前を間違えられるルキウス

ルキヌース、けっこうおしかった。

もう一つは、テレーゼがついにあのセリフを言ってしまうところです。
オークが出てきて、そしてテレーゼは女騎士です。
オークと女騎士が出てきたら、あのセリフを言うしかないんですよ!

くっ殺せ!と言ってしまう女騎士テレーゼ

「くっ・・殺せ!」です!
泣きながら言い訳をしまくるマーシャに対して、テレーゼは誇り高き女騎士らしく、あのセリフを言ってしまいました。
しかし、残念ながらこのゲームはR18作品ではなく、全年齢の健全なゲームなのでこれ以上は何も起こりません。
それにオーク王も紳士的な対応をしてしまいましたし。

まとめ

ということで今回、敵であったオーク王とオークがテレーゼとマーシャの仲間になりました。
僕的にはけっこう熱い感じになったと思います。
熱い展開は、そこまで行く過程に、ストーリーに重みを出したり、伏線をはったり、話のつじつまを合わせたり、とけっこうやることが多くて大変ですね。
今後のストーリー展開でも、熱い部分を作っていきたいと思います。

販売中のモンスター素材

モンスター素材をDLsiteで販売しています。
※画像をクリックするとDLsiteに移動します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
RPGツクールMZ
ケイジェイのイラストとゲーム制作
タイトルとURLをコピーしました