RPGツクールMZ、サンプルマップを活用して最初のダンジョン(魔王の城)を作り始めた(進捗10)

サンプルマップは究極の時短機能

前回シナリオの冒頭部分ができたので、今回はマップを作っていきます。

僕の場合、街とかフィールドはコンパクトにまとめたいので、自分で作りますが。
ダンジョンのマップはサンプルマップに頼っていきます!

サンプルマップは僕にとっては神機能です!

ダンジョンのマップを作るのはかなり大変です。
初めて作ったRPG「伝説の剣と女騎士」の時はサンプルマップの存在を知らなかった、
そのため、苦労して時間がかかった割には、すごく簡素なマップしか作れなかった。
こちらが、自分で作ったマップです。圧倒的シンプル!!

伝説の剣と女騎士、マップのサンプル画像

まあ、簡素なマップにもメリットとデメリットがあって、メリットはプレイヤーが探索をするのが楽であり。
デメリットはダンジョンとしての面白さが無いということだ。

伝説の剣と女騎士 - RPGアツマール
※ちょっぴりセクシーだけど、エロではありません。 ※スマホでプレイされる方、動きがにぶくて音が鳴らない場合は、ゲーム画面を一度タップして下さい。 <操作方法> ■パソコン (移動・選択) ↑←↓→、 移動先・選択先を左クリック (決定・調べる) Z、Enter、Space、左クリック (キャンセル・メニュー) X、E...

サンプルマップの存在を知ったのは「リオと魔法の本」を作っている途中だった。
そのため、リオと魔法の本では、途中のダンジョンからサンプルマップを使っている。

自分で作った、最初のダンジョンのマップがこちら。
「伝説の剣と女騎士」に比べて、ちょっとだけマップ作りがうまくなっている!

リオと魔法の本、サンプルマップ画像

途中から、サンプルマップを使うようになって、見栄えがよくなった!

リオと魔法の本、MVのサンプルマップ画像

サンプルマップのおかげでダンジョン制作の時間が大幅に短縮された。
これはまじでありがたい!

【王道RPG】リオと魔法の本 - RPGアツマール
「リオと魔法の本」公式ページ。 【概要】 王道RPGです。レベルを上げて魔王を倒す物語です。 主人公の魔術師リオは、魔法の本を見つけると新しい魔法が使えるようになります。 リオが使う魔法の多くには、カットインのイラストが表示され戦闘を盛り上げます。 そのほか、個性的なキャラクター達が登場し、笑いあり、涙ありの王道ス...

今作のゲームは、最初からサンプルマップをありがたく活用していく。

RPGツクールMZでサンプルマップを使う方法

サンプルマップの使い方は簡単です。

RPGツクールMZ、サンプルマップロードやり方の画像

マップの名前が書いてあるところを右クリックすると「ロード」が出てくるので、
それを選べば、サンプルマップ一覧が出てくる。

RPGツクールMZ、サンプルマップ選択画面

あとは、好きなのを選べばOKだ!

今回は僕が必要な、魔王城1Fを選んだ。

RPGツクールMZ、サンプルマップ選択画面、魔王の城

するとマップがロードされた!

RPGツクールMZ、サンプルマップをロードした画面

そんな感じで、魔王城2F、3Fをロードした。

RPGツクールMZ、サンプルマップ、魔王城3F

3Fに魔王の玉座がある。

魔王の城の中を歩いてみたいので、プレイヤーの初期位置を、入り口に設定する。

RPGツクールMZ、プレイヤー初期位置の設定画面

ハロルドの初期位置が設定された。

プレイヤーの初期位置を決めたところの画像

(この企画の欠点に気がついた、MZでMVのハロルドたちを使っているので、
MZなのかMVなのかよくわからないということ)

テストプレイで歩いてみた動画がこちらです。

タイル設定とかは、いじっていない初期状態のままです。
テストプレイをしてみた結果、
穴の先には落ちない。
柱の下を潜れる。
あと、一通り魔王の城1Fを、うろうろ歩いてみたが、先に進めなかった。
階段がある向こう岸に行けない。

あとは自分で作れってことですね。

とりあえず同じタイルを選んで、向こう岸につなげた。

RPGツクールMZ、マップを継ぎ足したら右側の色が変わった画像

なぜか、右側の暗黒空間の色が明るくなった。
なんでこうなるのかわからない。

ま、いっか。
とりあえず今はこれでよしとしよう。

RPGツクールをやっていると、わからないところがたくさん出てくるのですが、
それをその場で何とかしようと、四苦八苦していると、すごく時間が掛かってしまうし、しかも解決しなかったりする。
わかんねー事は、無視するってのもゲームを完成させるコツかもしれない。
作っている内に、解決できるようになるかもしれないし。

とりあえず先に進めるようになったし、今度は奥にある階段に移動のイベントを作る。

RPGツクールMZ、イベントの簡単作成、移動を設定する画像

イベントの簡単作成を使えば楽だ。

MVで最初につくった「伝説の剣と女騎士」では、イベントの簡単作成のことも知らず。
最初のダンジョンとかは、イベントに手作業で移動を設定していた。
そのため、ダッダッダ!という効果音も入っていない。

階段を登ったら2Fのマップに移動できるように設定する。

移動先のマップを選ぶ画面

逆も作る、2Fから1Fに移動できるようにする。

2Fから1Fに戻れるように、移動のイベントを設定する画面

これで行ったり来たりできるようになった。
階段を登ったきりで戻ってこれないと、閉じ込められてしまう。

通路を作り、階段から移動できるようにしたので、これで魔王の城1F、2F、3Fに行けるようになった。
テストプレイの動画はこちら。

玉座まで行けるようになったぞ!

 

今回の進捗
・サンプルマップ、魔王城をロードした。
・足りない通路を作り、階段で移動できるようにした。

 

ツクールシリーズの最新作「RPGツクールMZ」


RPGツクールMZ

販売中のモンスター素材

モンスター素材をDLsiteで販売しています。
※画像をクリックするとDLsiteに移動します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
RPGツクールMZ
ケイジェイのイラストとゲーム制作
タイトルとURLをコピーしました