RPGツクールMV、ゲームを完成させる秘訣は、小さいマップ!!

こんにちは、ケイジェイです!
みなさんゲーム作ってますか?僕は作ってます!

ゲーム作ってる人は完成しましたか?
僕はなんとか完成させることができました!

今回は、RPGツクールMVのマップ作りについて僕が思ったことを書きます!

最初に結論から書くと、初めてRPGツクールMVでゲームを作るなら、マップは小さくした方がいい!という事です。
あくまで、初めての話です。(僕はまだ一個しかゲーム作ってないんで、上級者のことはわからない)

ゲームを作っていく過程って、すごく楽しいです!
作ってる途中に、あれもやりたい、これもやりたいって、どんどんアイディアが浮かんできて、楽しくてしょうがない。
ゲームは作っている最中が一番楽しいかもしれないですね!

でも、やっぱりゲームって完成させてナンボだと思うんですよ!
完成させたゲームを公開して、皆さんにプレイしてもらう事、これが最終目標だと思うんですよ。

ゲームを作り始めたはいいが、完成させずに、途中で放棄しちゃうことを、「エターなる」って言うそうです。

作り出したら完成させたいじゃないですか!
一つの作品として、世の中に出したいじゃないですか!!

僕なりに考えた結果、ゲームを完成させる秘訣は、マップを小さくコンパクトにすること!です。

僕はRPGツクールMVを買って、一から全部作っていこうと思って、試しにマップを作ることにしたんですよ。
ロールプレイングゲームといったら城ですよね〜、城といえば、正門があって、廊下があって、王の間だとか、宝物の部屋とか、なんか色々あるじゃないですか。
RPGツクールはマップを作るのが簡単で、タイルを選んでポンポンと配置していけばできるのですが。
だけど、思ったんですよ。
あっ!これ時間かかるなって。

初めて作る時って、気合いは十分なんですよ、だから、スゲー城を作ってやろうと思ってマップを作り始めるんですけど、なにぶん初めてだから、操作の仕方もよくわからないし、使いたいタイルがどこにあるのかもわからなかったり、やたらと時間がかかる。

そんな調子で、街を作ったり、ワールドマップを作ったり、ダンジョン作ったりしていると、かなりの時間が必要になる、ゲームが完成するのは、ず〜っと先の事になってしまう。

飽き性な僕の性格からすると、途中でやめちゃう可能性が高い。

だったら、小さいマップをつくればいいじゃん!
そう思ったんですよ。

ということで、小さいマップを作ったら。
ゲームが完成しました!
やったぜ!

僕が作った小さなマップをご紹介します。
こちらが、僕が作ったゲームで唯一登場する街です。
(クリックすると拡大します)

最初の街画像

どうですか?この圧倒的にコンパクトなマップは!
このマップの中に、王様の城、主人公の部屋、武器屋、道具屋、ルイーダの酒場的なやつ、ぜんぶ詰め込みました。

とりあえず、最初に作るゲームは、こんな感じでいいと思うんだよね〜

次にこれが、ワールドマップです。
冒険者が迷わないように、立て看板つきです。
(クリックすると拡大します)

ワールドマップ画像

わずか、20×30マスの圧倒的にコンパクトな世界です。

ゲームっていろんな要素から成り立ってるじゃないですか。
シナリオ
キャラデザイン
マップ作り
プログラム
BGM
などなど、
これらを全部気合い入れて作っていったら、たぶん途中で断念してしまうでしょう、
創作エネルギーが無くなっちゃうんですよ。

だから、創作のためのエネルギーをマネジメントする必要があるんです。
何に、こだわるのか!
そして、こだわらない要素は、なるべく簡単に作ってしまうんです。

僕が最初に作った「伝説の剣と女騎士」では、キャラデザインと、戦闘時の演出にこだわりました。
それ以外はできるだけ簡単に作りました。
そのおかげでゲームを完成させることができました。

ということで、RPGツクールMVで初めてゲームを作るなら、小さいマップがおすすめですよ!

僕が作った「伝説の剣と女騎士」はRPGアツマールでプレイできます。
小さくてコンパクトなマップをお楽しみください!

伝説の剣と女騎士 - RPGアツマール
※ちょっぴりセクシーだけど、エロではありません。 ※スマホでプレイされる方、動きがにぶくて音が鳴らない場合は、ゲーム画面を一度タップして下さい。 <操作方法> ■パソコン (移動・選択) ↑←↓→、 移動先・選択先を左クリック (決定・調べる) Z、Enter、Space、左クリック (キャンセル・メニュー) X、E...

コメント

タイトルとURLをコピーしました