鉛筆で描く、水着の女の子イラスト制作過程(トレース台使用)

最近は、色を塗らずに、鉛筆でイラストを仕上げることが多いです。
鉛筆でイラストを仕上げるメリットは、時間をかけずに気軽に一枚のイラストを描けることだと思います。

それでは、鉛筆によるイラストの制作過程を紹介していきます。
今回のキャラクターは、自作ゲーム「リオと魔法の本」の主人公である、リオちゃんです。

まずは、紙にシャープペンで下絵を描いていきます。
紙は普通のコピー用紙を使っています。

水着の女の子のイラスト下絵

ムチムチのビキニ姿の下絵が描けました。
下絵は線がいっぱい描いてあるので、このままだと汚いです。
これを綺麗な線画にしていきます。

やり方として、消しゴムをかけて綺麗な線を描いていく方法もあるのですが、
今回は、秘密兵器であるトレース台を使った方法で線画を描いていきます。

僕が持っているのは、パソコンから電源を供給するタイプのトレース台です。
A4サイズのものを使っています。値段も安くて、だいたい3,000円前後で買えます。
ただ、値段が安いだけに、作りが若干ちゃっちい感じがしますが、機能は問題ありません。
トレースするには充分です!

トレース台(SHOSAI)

写真は、下絵を置いて、その上に新しい紙を乗せているところです。
明るさも調整できるし、紙を抑えるクリップみたいなのも付いているので、紙がズレる心配はありません。
あとは綺麗に下絵をシャープペンでなぞっていきます。
なぞり終わったら、線が薄い部分や、厚みを出したいところの線を描き足していきます。

出来たのがこちらです。

水着の女の子のイラスト、鉛筆線画

綺麗な感じで、線画ができました。

あとはデッサン用の鉛筆を使って、髪の毛や水着、影の部分など色が濃いところを塗っていきます。
使った鉛筆は、デッサン用で有名なステッドラーの鉛筆、濃さはHBのみを使いました。

ステッドラーの鉛筆

できあがりがこちらです!

水着の女の子のイラスト、鉛筆仕上げ

これで鉛筆によるイラストの完成です!
制作時間はだいたい2時間ぐらいです。
下絵が1時間、線画が30分、塗りが30分ぐらいです。

鉛筆によるイラストは、手軽さが最大のメリットだと思います。
ちょっとしたイラストを描きたいと思った時に、鉛筆だけならすぐ描けます。



販売中のモンスター素材

モンスター素材をDLsiteで販売しています。
※画像をクリックするとDLsiteに移動します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite
アナログイラスト
ケイジェイのイラストとゲーム制作
タイトルとURLをコピーしました